園長コラム

2022.06.07

子育てもトレーニング?

半袖で過ごしていると、とても気持ちの良い季節となりました。

このコラムを書きながら外を見ると、さくら組の子ども達がぼうけんのしまで遊んでいる様子が目に入ります。その横を、子ども達と鬼ごっこをしながら駆け抜けていく担任の姿も。もう間もなく梅雨入りしていくのだと思いますが、雨で外遊びができなくなる前に沢山遊んでおこうということなのでしょう。他学年についても感じることですが、進級したことで1つ学年も上がり、かぶっている帽子の色が変わりましたが、そのせいでしょうか。この2ヶ月ほどで子ども達が少し頼もしくなったように感じられます。

今月の土曜日は、3週に分けて参観日を行いました。

新入園児の保護者の皆様にとっては初の参観日。進級児の保護者の皆様にとっては進級後初の参観日であり、久しぶりの参観日となりました。体操から始まって朝の会までという短い時間でしたが、我が子が園で過ごす様子を感じていただけましたでしょうか。

自分の保護者がいらっしゃることで側から離れなかったり、大勢の大人がいることにビックリしていつもの様子でないお子さんもいたようですが、そういった姿を見ることができるのも今だけのことかもしれません。園生活の中で成長していくとともに、「最初の参観日はこうだったよね」と振り返って懐かしく思う日がきっと来ることでしょう。

さて、子ども達の園生活も軌道に乗ってきておりますが、本園の子育て支援の取り組みも始まっております。未就園児教室「わくわくデー」がライブ配信で行われたり、ペレントトレーニングやアンガーマネジメントなどの講座も開催していく予定です。ペアレントトレーニングは、臨床心理学や教育心理学を専門とされている宮崎大学の立元先生監修の子育てスキルトレーニング講座で、トレーナーのひろし先生と新名直子先生が担当してくれます。先日も、朝礼にて、子育て中の先生が我が子とお買い物に行った時のお話をしてくれましたのですが、「今日はママのお買い物だから、色々買ったりしないからね」と約束をして出かけたにも関わらず、色々と理屈を付けてお願いをしてくる我が子に手を焼いたという話を聞かせてもらいました。「お母さん達が困っていると言ってたのはこれか~・・・」と身に染みて感じたそうです。そういった日常や家庭の中にある“我が子の困った”に対応するスキルを学ぶことができます。

又、アンガーマネジメント講座はファシリテーター資格を持つ美鶴先生が講義やワークショップを手掛けてくれます。こちらも、日常の中で「もー!!」となってしまう出来事に出会ってしまったときの対処法や、自分の怒りをマネジメントしたり分析したりすることができるようになるための講座です。どちらの講座も、本園にお子さんが通う保護者の皆様で学び合いますので、子育て中の仲間からもいろんな刺激を受けることができるはずです。どうぞお楽しみに!

園長 三宅貴之

資料請求・お問い合わせ

資料のご請求・ご見学については、下記からお気軽にご連絡ください。