園長コラム

2020.11.19

秋のあれこれ

朝夕の寒暖差に驚く今日この頃です。最低気温と最高気温の差が10℃以上ありますが、体調管理には皆様くれぐれもお気をつけください。

今年度は、飲食物を扱うバザーを中止する旨をお知らせしておりましたが、その代わりに、PTAの役員さんが“お楽しみ会”というイベントを企画してくださいました。毎年のバザーで行っていた“お菓子つり”と“金魚すくい”を子ども達は満喫することができました。子ども達は前日からとても楽しみにしていたようで、当日も朝からワクワク感が止まらないようでした。プレイルームに入ってから遊びが始まると、ものすごい集中力でお菓子つりや金魚すくいに没頭する子ども達。そして、それを周りで応援する子ども達。のびっこスポーツフェスタを通して育った“応援する気持ち”もたくさん感じることができました。今年度は市内各所のお祭りが軒並み中止されたこともあり、ご家族や友達とこういった遊びをすることもなかったこともあるのでしょうが、「また今度来てくれないかな~?」という子どももいたようです。PTA役員の皆様、子ども達がとても喜ぶ手作り企画をありがとうございました。例年のようなバザーはできませんでしたが、子ども達のために自分達ができることを何かしたいという心意気に心より感謝申し上げます。

そして、翌日には、たまご組・ひよこ組の子ども達の運動会、「ちびっこスポーツフェスタ」が開催されました。下見で一度遊びに行ったこともある小学校の体育館でしたが、当日は大勢の人がいることで緊張したのかもしれません。最初のかけっこで涙する子ども達がいて少々焦ってしまった園長でしたが、競技が進む中で次第にいつもの調子を取り戻し、ご家族と楽しい時間を過ごすことができた子ども達でした。

今年度は挑戦の年です、というお話は年度当初にもお伝えしておりましたが、この「ちびっこスポーツフェスタ」は初めて開催する行事でした。競争意識が芽生える年中・年長児とは違って、低年齢児になればなるほど、競技内容も普段遊んでいる姿を見せていく(魅せていく)という風にアレンジをしていくことになります。そこに親子で楽しめる要素も加えていくので、担任達はかなり頭をひねって考えたでしょうし、日常の保育からいろんな工夫をしただろうと思います。当日の子ども達の姿や、保護者の皆様まで楽しんでくださった姿にほっと安堵したことでしょう。お疲れさまでした。職員にとっても新たな経験値を積むことができた運動会となりました。

さて、今は、縦割りの各グループごとにみかん狩りに出掛けたり、年長組の滝トレッキングや年中・年長のマラソン大会などが続き、少しずつ生活発表会の準備も始まります。この秋を充実した時間にしていきたいと思っています。

園長 三宅貴之

資料請求・お問い合わせ

資料のご請求・ご見学については、下記からお気軽にご連絡ください。